HOME  >  採用情報 トップ  >  採用情報リスト  >  採用情報

所沢中央自動車教習所
新卒者教習指導員 採用情報

公認
埼玉県公安委員会
教習所名
所沢中央自動車教習所
所在地
埼玉県所沢市大字久米1488番地
連絡先
04-2921-0017
交通アクセス
送迎バス:所沢駅西口(西武デパート側)ミスタードーナッツの前で乗降して頂きます。(30分に1本)
教習形態
通学
取扱車種
普通免許MT / 普通免許AT限定 / 普通二輪免許AT限定 / 普通二輪免許 / 普通二輪免許小型限定 / 普通二輪免許小型AT限定 / 大型二輪免許AT限定 / 大型二輪免許 / 大型特殊免許 / 普通二種免許 / 普通二種免許AT車限定 /

仕事内容・応募資格

雇用形態 2017年度 新卒者 教習指導員
正社員
応募資格 普通自動車免許(AT限定不可)
職種/仕事内容 指導員見習い(研修生)
指導員資格取得のための勉強ならびに教習所運営補助業務

勤務地・時間

勤務地 埼玉県所沢市大字久米1488番地
勤務時間 7:30~21:30の間でフレックス制(実働8時間)
※開始・終業時間は、事業所により異なる

給与・昇給・賞与

給与 a. 基本給   130,000円
b. 精皆勤手当 20,000円
c. 勤勉手当  40,000円
d. 教育手当  17,000円

a + b + c + d
207,000円(他、通勤手当)
昇給 年1回(4月)
賞与 年2回(7月・12月)当社規定に準じて

休日・保険・福利厚生・その他

休日・休暇 4週4休(年間54日)
年次有給・育児・介護・看護・慶弔休暇・年末年始
保険 健康保険
厚生年金保険
雇用保険
労災保険
福利厚生 他車種免許取得割引制度、保養施設あり(倉敷市児島)
その他 指導員資格取得費用会社負担
一部単身社宅あり

採用人数・選考方法・提出書類

採用人数 若干名
選考方法 個人面接、書類選考、その他(適性検査)
提出書類 履歴書、卒業見込証明書、成績証明書、健康診断書

応募する

学校の特色について

学校

指定自動車教習所として開所した昭和39年に植えた桜が大樹に成長し、市内でも、屈指の桜の名勝地となっています。

当教習所のキャッチフレーズは、「指導員と教習生から生まれるコミュニケーションを大切に」をモットーにドライバーズマインドを育成しています。私たちは、そんな思いのもと、常に新しい挑戦に取り組みながら、「無事故社会の実現」を真剣に考えています。

求める人物像

指導員は、「車に詳しくないと・・・」とか「運転が上手でないと・・・」とか「人前で話すことが不得意で・・・」と思いがちですが、皆、最初はそうではありません。

安全教育に対する意欲と関心そして熱意をお持ちの方で、前向きに取り組み、また、常により良い仕事(教習)の方法や職場環境を考え、一緒に実行して頂ける方であれば問題ありません。少しでも興味をお持ちの方、ご応募お待ちしています。

活かせる経験と能力

人と接する仕事の経験者や興味がある方であれば、指導員という仕事はぴったりです。

指導員は、運転技術を伝えるのは勿論ですが、やはり人と人との関わりあいですから、時には楽しく会話を交えながら積極的にコミュニケーションをとり、お客様の進度にあったアドバイスができる、そんな方は、お客さまからの信頼・信用を得ることが出来ます。

アピールポイント

指導員

「私にもできるかな?」そう思ったあなた、それで結構です。

どんな仕事でもみんな同じ気持ちです。

たとえ興味をもった仕事でも、職場環境が良くなければ、長く続かないものです。

ここの職場は、入社した方、勿論、現在勤めている方すべてが、良い職場と答えます。

それは、立場や性別関係なく、みんな仲が良くアット―ホームな職場なのです。

人それぞれ得意・不得意を持ち合わせています。

得意なことは、更に延ばしてもらい、不得意な部分は、皆で補完するという形が自然と出来あがっています。

是非、指導員として、お客様の苦手な部分を一緒に克服しながら、喜びを分かち合い、「指導員と教習生から生まれるコミュニケーションを大切に」をモットーに、多くの「おめでとう!」「ありがとう!」に立ち会っていきましょう!

応募する

指導員

『この仕事を選んだ理由は?』

一番大きなきっかけは、父が交通事故で亡くなった事です。

私が12歳の時に父が亡くなり、交通事故の怖さや悲惨さなど身をもって体験しました。

交通事故をなくしたい等そんな大げさなことではありませんが、私の経験が少しでも役に立てればと思いこの仕事を選びました。

この経験から育った環境も影響しているかもしれません。

私が育った家の近くには4か所も教習所があったため、教習車を毎日のように見かけていましたし、私の祖父も教習所で働いていたので教習所の存在は身近でした。

亡くなった父は車やバイクが好きで私もその影響を受けて育ちました。

私にとって教習所は身近な存在であり、そこで働くことは憧れで夢だったように思います。

 

『普段はどんな仕事をしていますか?1日の仕事も教えてください。』

通常、朝出勤後に自分が担当している教習車の洗車や教習コースの掃除などを行い、教習に備えます。

教習は主に学科教習、そして技能教習は、四輪と二輪を担当しています。

 

『仕事のやりがいは?』

自分が努力した結果が「資格」となって自分の糧になることがやりがいだと感じています。

この仕事には、普通車、大型車、二輪車など車種ごとに異なる資格があり、それを取得していくことがお客様のためになり、自分自身のキャリアアップにもつながります。

資格取得には、もちろん多くの勉強と練習が必要で大変なこともありますが、取得する度に大変な分だけ大きな喜びも得られます。

何度もその喜びを感じられることは他の仕事にはないやりがいだと思っています。

 

『これまでの仕事で成長を実感したことは?』

人の役に立つ仕事を実感したいという思いで、飛び込んだこの仕事ですが、仕事をしながら学ぶことややりがいも大きく、自分の可能性を無限に広げられることです。

日々の学びと成長、そして、お客様の笑顔と心からの「ありがとう!」を指導員であれば皆、共通してこの喜びや感動を日々、実感することでしょう。

 

コース

『どんな職場ですか、雰囲気は?』

私が勤務する教習所は、女性インストラクターがいつも一人か二人で圧倒的に男性が多い職場ですが、みんな優しくしてくれています。

立場や性別関係なくみんな仲が良いアット―ホームな職場ですので、とても楽しく働いています。

 

『今後の目標は?』

まだまだ取得していない資格がたくさんあります。

ひとつでも資格を増やし、お客さまや会社のお役に立てるように頑張って行きたいです。

応募する